盆正月の海外背伸びラグジュアリー・会社員夫婦のふつうの旅行

ふつうの会社員夫婦ですが盆正月はちょっとだけラグジュアリーに海外旅行を楽しむのが趣味。ドバイ、アイスランド、フィンランド、ギリシャ・サントリーニ&アテネ、マレーシア・ランカウィ島などの旅行記です。

タグ:バレエ

2019年6月5日、バレエと音楽の公演『レーピン&ザハーロワ パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers』を観てきました。
IMG_20190605_183901_1


※ 公演概要、出演者、プログラム等は記事の下部にまとめていますのでご入用の方はご覧ください。


奇跡のような公演


バレエ界の大スター、スヴェトラーナ・ザハーロワが大阪のシンフォニーホールで踊る!?
本当に!?
同じ名前の別の人じゃないよね!?(笑)

いやそんなことないでしょうけれども、それぐらいびっくりするような公演でした。

なぜならザハーロワは本当に大スターで、ボリショイ劇場改装後のこけら落とし公演(プーチン大統領とかが見に来るやつ)で白鳥の湖の主役を踊ったほどのダンサーです。
DVDもたくさん出ています。
公演は、ザハーロワが出る回から売り切れていきます。
そんな大スターです。


シンフォニーホールは大阪では有名なコンサートホールではありますが、バレエ公演向けの劇場ではないし、規模も小さめです。
そこにバレエ界の大スターが来る、しかも大阪に来るとか、本当に信じられない思いでした。


といいつつ、仕事がどうなるかもわからなかったのでチケットは取っておらず、公演のことも忘れていたのですが……。
当日、主催のAMATIのTwitterで思い出し、シンフォニーホールに電話してみると当日券はあるとのことで行ってみました😊
IMG_20190605_184945_1

演奏も最高でした


夫君のヴァイオリニスト、レーピンとのコラボ公演ということで、
演奏のみ

バレエ(1演目だけを除き、レーピンとアンサンブルの生演奏)

演奏のみ……
と、交互に行われるものでした。
舞台装置はなしで、照明効果のみです。


まず、音楽の素晴らしさにびっくりしました!

実は……多くのバレエ公演の生演奏は、残念ながら「ひどい出来」という他ないものも珍しくありません。
海外の劇場専属のオーケストラであれば素晴らしい演奏もありますが、日本で用意する場合は「音が出れば上等」ぐらいの覚悟で聴かないといけない場合もあります。
(音が出ない場合すらあります(笑))

プロの演奏家がそんな演奏をするの!?と最初はびっくりしましたし、友達に愚痴っても同じ反応でびっくりされます。
(本当かどうか知りませんが、クラシック音楽業界の人はバレエ音楽はバカにして練習なんてしないのだとか……?)
難しいと言われる管楽器だけではなく、今まで観た公演では、ヴァイオリンが間違えたこともありました……。

ところが、今回は素晴らしかったです。
半分は演奏のみのコンサート、しかもレーピンを迎えてのことですから当然かもしれませんが、それにしても素晴らしかったです。
私はほぼバレエ音楽しかわからないので💦知らない曲もあったのですが、演奏がばらばらにではなく曲としてひとかたまりに響いて……圧倒されるような経験でした。
知らない曲でも退屈じゃないんですもの。

こういった体験が生演奏を聴きに行く醍醐味というのでしょうか……!
素晴らしかったです。

ザハーロワももちろん最高です

そして、目当てのザハーロワの素晴らしさは言うに及びません!
生のザハーロワを見るのは10年以上ぶり(新国立劇場のゲストで、ウヴァーロフと来ていました)ですが、もう脚を見ているだけで涙が出そうです!

まずはライモンダのアダージョで登場です。
キラキラしたチュチュ、何もかも正確で(若いころのザハーロワは正確すぎてつまらないと思ったこともあるのですが、今のザハーロワは正確すぎるところが素晴らしいと感じます。それがどう変わったからそうなったのか、素人の身では説明できないですが……)、やはり私は古典好きなこともあって、素晴らしいひと時でした。


コンテンポラリー演目も、私は基本的には苦手なのですが💦とにかくザハーロワの脚を見ているだけでもありがたく……退屈することなく鑑賞できました!


瀕死の白鳥も、ザハーロワが白鳥の衣装で目の前にいるということがもうすでにありがたすぎです☺
最期を迎える前にあまりバサバサしない、静かな白鳥でしたが綺麗でした~!


最期の演目では冒頭にちょっと面白い仕掛けがありましたが、まだ6月8日(土)に東京公演もありネタバレになってはいけないので、後に追記しますね。

二人の男性の求愛?を手玉に取りながら、最後にはヴァイオリニストのところに行く、という内容で、もちろんヴァイオリニストは実際の夫君のレーピンです😉
みんなで笑いながら楽しく観られました😊


休憩なしで75分ほど(カーテンコールが5分ほど)の短い公演でしたが、とても充実していました。
全ての演目にザハーロワが出てくれたのも嬉しいですね。

カーテンコール(カーテンないけど)は総立ちで拍手とブラボーの嵐でした!
私もブラボーかけたぐらいです(笑)
(少ないと恥ずかしくてかけられないんですが💦個々のが目立たないぐらいあちこちからブラボーかかりまくりでした!)

大阪の平日公演はバレエだと集客が厳しいことも多いようですが、さすがはザハーロワ、当日券はあるとはいえほぼほぼ席は埋まっていました。
でもシンフォニーホールは基本コンサート会場なので、指揮者の顔が見える席、すなわち舞台の後ろにも席があるのですが、そこもお客さんがいました。
演奏は問題ないとしても、バレエ公演でもあるのにいいのかな!?と思いましたが、SNSを見ていると奏者のファンの方はやはり奏者に近い席を楽しまれているのですね〜!

なおザハーロワはじめ出演者、はちゃんと後ろにもレヴェランス(演目が終わった後のお辞儀、挨拶)もしてくれていましたよ😊


演奏よし、ダンサーよし、客席の雰囲気もよし、と、素晴らしい公演でした!
私の買えた席も15列目の右端ではありましたが、オーケストラ・ピットもないので結構舞台から近いですし、音は近いところよりよかったと思います。
以前、シンフォニーホールのコンサートで最前列に座ったら、やはり頭上を音が抜けていく感じがありました。今回ぐらいの席が音楽を聴くにはやはりいいですね。

ちなみに、プログラムも二つ折りではありますが割ときちんとしたものをくれました。
バレエだと、無料なのはコピー一枚だけで、もっと情報が欲しければ2,000円出して有料プログラム冊子を買うというパターンが多いので、良心的だなと思いました。
情報量的には出演者と演目だけなので、コピーのものと変わらないかもですが💦


しかし本当に、なんで大阪に来てくれたんだろう……いや、嬉しいのですが、信じられないような気持ちです(いい意味で)。

そういえばまだ記事にはしていないのですが、少し前に見に行ったマニュエル・ルグリのスターズ・イン・ブルーも似た形式でした。
運営コストは通常の公演に比べてかからなさそうだし、地方も回りやすいのかも?
これから流行るかもしれませんね!


思ったより素晴らしい公演で、本当に行ってよかったです😊

概要

  • 【公演名】レーピン&ザハーロワ パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers(Trans-Siberian Art Festival)
  • 【観劇日】2019年6月5日(水)
  • 【開演時間】19:00開演(18:00開場)、20:20終演(休憩時間なし)
  • 【会場】ザ・シンフォニーホール(大阪 福島)
  • 【座席・チケット料金】SS席 O37 ¥16,200- (18:00より販売の当日券)

出演者

  • スヴェトラーナ・ザハーロワ <ボリショイ劇場バレエ プリンシパル>
  • ワディム・レーピン(ヴァイオリン)
  • ミハイル・ロブーヒン <ボリショイ劇場バレエ プリンシパル>
  • デニス・サーヴィン <ボリショイ劇場バレエ リーディング・ソリスト>
  • ジャコポ・ティッシ <ボリショイ劇場バレエ リーディング・ソリスト>
  • ドミトリー・ザクレビン <元ボリショイ劇場バレエ>
  • 南 紫音(ヴァイオリン)
  • フェスティバル・アンサンブル(弦楽オーケストラ)

プログラム

  • 【演奏】「ヴェネツィアの謝肉祭」による変奏曲(パガニーニ作曲)
  • 【バレエ】バレエ『ライモンダ』よりグラン・アダージョ
    ザハーロワ、ロブーヒン
  • 【演奏】序奏とロンド・カプリチオーソ(サン=サーンス作曲)
  • 【バレエ】『ヘンデル・プロジェクト』(ヘンデル作曲、マウロ・ビゴンゼッティ振付)
    ザハーロワ、サーヴィン ※録音音源
  • 【演奏】2つのヴァイオリンとオーケストラのためのディヴェルティメント(フロロフ作曲)
  • 【バレエ】『カラヴァッジオ』(モンテヴェルティ/モレッティ作曲、マウロ・ビゴンゼッティ振付)
  • ザハーロワ、ティッシ
  • 【演奏】ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ作曲)
  • 【バレエ】『瀕死の白鳥』(サン=サーンス作曲、フォーキン振付)
    ザハーロワ
  • 【演奏】タイスの瞑想曲(マスネ作曲)
  • 【バレエ】『レ・リュタン』より(バッツィーニ作曲、ヨハン・コボー振付)
    ザハーロワ、ロブーヒン、ザクレビン

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~

先日休暇も確定していないのに3公演900ポンド分のチケットを取ってしまった、ボリショイバレエ・ロンドン公演の「スパルタクス」。

そんなに価値があるバレエなの?と思うと思いますが(特に一緒に行く夫が(笑))、私は既に2回も、これを見に行くために渡米しています!
渡英は今夏が初めてなんですけどね。

もちろん好みもあると思いますが、私はバレエの中でスパルタクスが一番好きです。
もし機会があればぜひ生で見ていただきたいバレエです。
DSCF0028
そんな渡米を含んだスパルタクス公演鑑賞の思い出を少し書いていきたいと思います。

2004年4月13日(火)テキサス バレエ・アーリントン「スパルタクス」


いきなりボリショイ・バレエじゃないですが、同じバージョンの上演です。
(スパルタクスもいろんな振り付けがあり、私が好きなのはグリゴローヴィチ版です)
こちらは元ボリショイ・バレエのスターで2019年現在ボリショイ・バレエのバレエ教師、アレクサンドル・ヴェトロフが芸術監督兼ダンサーをしていたバレエ団です。

アメリカのテキサス、ダラス近郊のアーリントンという都市にあり、公演はこれまた近郊のフォートワースで行われました。

私はヴェトロフの出演DVDでバレエにハマったほどで、海外に行くようになったのもヴェトロフがいるこのバレエ団に行くためだったんです(笑)

また、私がバレエにハマった2002年には、なんと同じタイミングでボリショイ・バレエがスパルタクスの来日公演をしていました。
でもハマりたてでそんな情報も知らず……後で知ってめちゃめちゃ悔しかったです💦

そんな訳で、恐ろしいことに職場はものすごい繁忙期だったのですが周りを拝み倒して有給取って行ってきました。

フォートワースのベイス・ホールで20:00開演。
ここは目の前にホテルがあるので安心でした。
この頃まだ独身だったので一人旅でしたしね。

小さいバレエ団ということもあり抜粋版でしたが、夢にまで見たサーシャ様(ヴェトロフの愛称💦)のクラッススが観られてただただ感動でした。

料金は28ドルのはずだったんですが、何故か窓口で無料だと言われて本当にタダで観てしまいました。
未だになぜだったのか、謎です🤔


しかしいつか記事にしたいですが、この頃のテキサス行きは本当に苦労しました💦
大手旅行会社には「個人で行くところじゃないですからね」と笑われ、インターネットはもう使えましたがまだまだ個人手配は主流ではなく、英語も今よりもできなかったので本当に大変でしたね……。

2005年6月20日(月)広島 バレエ・ガラ・コンサート『ロシア・バレエのスターたち』「スパルタクス」

18:30開演
アステールプラザ 大ホール(広島)

アメリカに比べれば広島なんて近いものです(大阪在住)。
半休取って行きました。

これも抜粋だったのですが、現役のボリショイ・バレエのダンサーで観られてよかったです。

マリア・アラシュとマルク・ペレトーキン、もちろんエギナとクラッスス!
このとき最前列の席で、私はペレトーキンも好きなのですごくよかったです……。
ダンサーとしては最晩年でパも省略したりしていましたが、文句なしにかっこよかったです!

確か愛知万博との連動企画だったと思います。料金も5,000円と破格でしたよ。

2005年8月ロサンゼルス ボリショイ・バレエ「スパルタクス」全幕公演

↓会場の隣のショッピングモール、サウス・コースト・プラザにあった看板です。
DSCF0028

12日(金)ソワレ 20:00開演
13日(土)マチネ 14:00開演
13日(土)ソワレ 20:00開演
14日(日)マチネ 14:00開演
オレンジ・カウンティ・パフォーミング・アーツ・センター

お盆の時期にアメリカ公演なんて嬉しすぎでした💕
初めての全幕を4回たっぷり楽しみました!

クラッススはネポロージニーとヴォルチコフ。
優雅な貴族から勇猛な将軍に変わっていくネポロージニーもよかったし、ヴェトロフのような踊りのヴォルチコフもよかったです。

チケットはS席で1枚110ドル。今思えば安いですね〜!


そして、劇場の向かいのホテルをとったら……ボリショイ御一行様と同じホテルでした(笑)
DSCF0030B
中央のイーゼルに、当日の配役表などの連絡が貼ってありましたよ!
(ロシア語ですが、字だけは読めるので分かりました)

ホテルの中はダンサーだらけだし、向かいの部屋ではダンサーが宴会してるし(笑)、なかなか面白い経験でした😊

このときも独身で一人旅でしたが、今の夫も同じ時期にカリフォルニアに旅行に来ていたので、いろんなところに連れて行って貰ったりして楽しかったです😊



2012年1月〜2月東京・名古屋 ボリショイ・バレエ「スパルタクス」全幕公演

1月31日(火)
2月1日(水)
2月2日(木)
東京文化会館 すべてソワレ

2月5日(日)
愛知県芸術劇場 マチネ


待望の日本での全幕です。
2002年の公演が30年ぶりぐらいだったらしいので、今度も2030年ぐらいにならないとかからないのかなあと、ほとんどあきらめていたのですごく嬉しかったです💕

これも東京公演は平日なので、有給休暇4日とって行きましたよ〜!

スパルタクスはイワン・ワシーリエフとパーベル・ドミトリチェンコ。
クラッススはヴォルチコフとユーリー・バラノフでした。

文句なしに素晴らしく、特に初日の一幕が降りたときのどよめきは忘れられません。
一幕は自由への戦いを決意するスパルタクスで幕が降りるのですが、ハチャトゥリアンを見事に叩ききった(ここは叩くと言わせていただきたい!)オーケストラ、素晴らしい公演を見たという観客の感動が相まって、会場は日本と思えないほどの興奮に包まれました。

しかもその興奮が収まって休憩に席を立とうと振り返ったら、当時の芸術監督で元ボリショイ・バレエスターのセルゲイ・フィーリンが前方に座っていたお知り合いの席に駆け寄るところに遭遇し、めっちゃびっくりしました(笑)
(フィーリンもファンでしたので……😍)

チケットは東京は22,000円だったと思います。
初日はロシア大使や日本の外務大臣も来ていました。

なおこの後、芸術監督だったフィーリンはモスクワで襲撃され顔に硫酸をかけられ、視力が低下してしまいます。
スパルタクス役だったドミトリチェンコは襲撃を指示したとされ、有罪となりました……。




うーん、結構観てますね!
これ以外にも、ガラ公演でスパルタクスとフリーギアのアダージョも観ているはずです。

それてもまだまだ観たいと思わせるのがバレエ「スパルタクス」グリゴローヴィチ版です!
というわけでゲットしたロンドンのチケット、ちゃんと見に行けるよう調整がんばりま〜す!
(まだ休暇も航空券も取ってませ〜ん(笑))


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




↓参加トラコミュです。
にほんブログ村テーマ 海外旅行・海外出張総合へ
海外旅行・海外出張総合
海外旅行に関係すること
旅行情報局
旅行
観光&地域の情報
海外旅行記
海外ホテル
世界のホテル

私はバレエ、それもボリショイバレエが大好きで、そもそも海外旅行をするようになったきっかけも、海外でバレエを見たいからというものでした。
2019年夏、ボリショイバレエはロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスで海外公演をします。
比較的休暇が取りやすい時期、大好きな演目「スパルタクス」も上演とあって以前から狙っていました。

4月3日一般発売ということで、発売日に無事チケットをおさえることができました!


ロイヤル・オペラ・ハウス公式サイトでのチケット購入

チケットは、会場であるロイヤル・オペラ・ハウス公式サイトでとりました。

ロイヤル・オペラ・ハウスは行くのもチケット取るのも初めてですが、サクサク申し込み&支払いできてよかったです。

トップページ右の方の「MENU」
「Tickets & events」
適宜日時指定などのフィルターをかけるか、
「See all ballet and dance」
を選択して目当ての公演を探します。


スパルタクス公演が出てきました😊
「More info」( 公演によってはBuy ticketのことも)をクリックします。
roh0



日時はもちろん席も選べるのでどんどん選択して、カート(バスケット)に放り込んでいきます。
roh1-1



チケットを選んでから30分以内に支払いまでしないといけないのですが、途中アカウント登録も必要でしたのでちょっと終盤焦りました(笑)。
登録方法が難しいとかではなく、夫と相談などもしていたためですが。


公式サイトにサインインすると、Your upcoming eventsからすぐに予約内容が確認できました。
roh1-2



チケットは海外在住者は郵送はなくeチケットのみだそうです。
Get your e ticketをクリックするとすぐに表示されます。
19-04-04-00-47-41-038_deco
めちゃくちゃ便利ですね💖
日本のプレイガイドも早くこうなって欲しいです。
最初コンビニ発券って便利だと思っていましたが、このほうがさらに便利ですからね〜!

ちなみにボリショイ劇場(本拠地モスクワでの公演)も同じようなシステムでしたよ〜😊



それでロンドンまでの航空券は? ブレグジットの影響とか考えているの?


はい、航空券はこれから考えます!(笑)
それどころか休暇も旅程も確定していません

海外観劇……それはチケットを先に取るのが心意気というものなのです!(本当?)
一般販売日にとっただけはあって、良席がゲットできましたよ〜!


ブレグジットの影響もどうなるのかわからないところですが……

無事に観られるといいな!
だって……

チケットだけで900ポンド以上使ってしまいましたから……😂


観られるよう、がんばります(笑)



日英のチケットの値段の付け方の違い?


なお、取ったチケットは一枚155 ポンドでした。
いわゆる良席とされる平土間10列目前後数列が180ポンドのエリアでした。
私も平土間の席を取りましたが、私の好みの位置(といっても初めての劇場だから行ってみないとわからないところはありますが)はたまたま155ポンドのエリアになっており、ちょっとラッキーでした(笑)

180ポンドだと日本でのボリショイバレエ公演のS席と同じぐらいですね。
しかし日本だと平土間は全部べったり最高額ということが多いですが、ロイヤル・オペラ・ハウスは結構細かく分けるんだなという印象でした。



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~





↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




↓参加トラコミュです。
にほんブログ村テーマ 海外旅行・海外出張総合へ
海外旅行・海外出張総合
海外旅行に関係すること
旅行情報局
旅行
観光&地域の情報
海外旅行記
海外ホテル
世界のホテル

↑このページのトップヘ