盆正月の海外背伸びラグジュアリー・会社員夫婦のふつうの旅行

ふつうの会社員夫婦ですが盆正月はちょっとだけラグジュアリーに海外旅行を楽しむのが趣味。ドバイ、アイスランド、フィンランド、ギリシャ・サントリーニ&アテネ、マレーシア・ランカウィ島などの旅行記です。

タグ:ダラス・フォートワース空港

こんにちは! みかちかです😄
2003年(17年前)の私の初めての海外渡航と、それに続く計6回のテキサス旅行記です。
(このシリーズはラグジュアリー度はゼロですがご了承ください……)


多々のトラブルを乗り越えて、無事にバレエ公演を見終わって推しにも会え、アメリカン航空で無事帰国しました。
帰りも北回りだったので、流氷が綺麗でした😊

アメリカン航空 ダラス・フォートワース空港→関空



👆前回の記事はこちら


初めてのテキサスも最終日です。
ホテルにタクシーを呼んでもらい、ダラス・フォートワース空港に向かいました。


アメリカ出国は特に手続きはないですし、セキュリティエリアを通ってチェックインして、と、トラブルもなく搭乗手続きを進めることができました。

売店でアンティー・アンズのプレッツェルも食べて、やっと2日間の断食も終わりました😁



なお、空港を歩いていると向こうから歩いてきた空港スタッフらしい男性が、「オハヨウゴザイマース!」と挨拶してくださいました😉
とても嬉しかったです。


帰りの便はさすがに、来た時ほどは緊張していませんでした(笑)。
DSCF0049



雪山を眺めたり……
DSCF0051

DSCF0053



雄大なアメリカ大陸を楽しめました。
DSCF0054

DSCF0055

DSCF0058



機内食1回目です。
サラダ食べた後ですみません💦
(奥のフォークのあるトレーがそうでした💦)
DSCF0068
紙の新聞とかあるのが時代ですねえ……(笑)



平地で、雪のないところは砂漠でしょうか?
DSCF0070



こういう、岸に人間の手が入っていない湖? 河?って、日本の地形を見慣れた目からはとても不思議です。
木がないから余計……。
DSCF0075



行きも思いましたが、北の方の平たい大地も不思議な感じがしました。
DSCF0082

DSCF0086


DSCF0087



機内食2回目のお弁当BOX。
DSCF0089



下はすっかり氷の世界でした。
ここは雪に覆われた山ですが、
DSCF0100



流氷が見えてきて……
DSCF0104



雲か? 流氷か? と悩みながら写真をパシャパシャ。
でも割れた模様が入っているのは流氷ですよね。
DSCF0107

DSCF0108

DSCF0111


そして、無事に成田空港に到着しました。

最初成田空港からの入国の仕方がわからず(笑)、ちょっとトランジットの列に並んでしまったりもしましたが、それ以外は特にトラブルもなく入国、税関をクリア。

成田から伊丹に飛び、無事に家に帰ることができました。


帰宅する地下鉄を待つホームでしみじみ、

「あー、生きて帰ってこられた……」

と思ったのを今でも覚えています(笑)


テキサス女一人旅、それはアドベンチャー

この旅行のことを後年アメリカ人、カナダ人、イギリス人などに話したことがあるのですが……。
初海外がテキサス女一人旅だったというと、

「それはアドベンチャーだ」

とみなに言われました(笑)


いや本当にアドベンチャーでした……。
自分の作り上げた(というかマッドブル34に涵養された)アメリカのイメージにビクビクしすぎというのもあったと思いますが、本当に疲れたし、不安もいっぱいでした。

断食もしましたしね!(笑)


でも、それ以上に、みんなびっくりするぐらい親切で、明るくて。
もちろんできないことはできないと言われたし、いろいろトラブルもあったのですが、それでも気持ちが温かいなあと思うことが多かったです。
南部ということで正直人種差別も心配したのですが、全く感じませんでした。
(短い滞在ということももちろんあると思いますが……)

こんなに英語もできない状態で初海外旅行(しかも個人旅行)に来たのに、アメリカのみなさんのおかげて、推しの公演も観られて無事に帰国できて……。


これ以降、
「私も日本に来た外国人に親切にしよう!」
と、考え方がすごく変わりました。

それまでも別に人種差別とかはしているつもりはもちろんなかったのですが💦、日本に来るなら日本語はできて当たり前、日本の慣習に合わせるのも当たり前!と思っていたんですよね。

でも英語もできないのにアメリカに行って、みんなから親切にしてもらって、今までの自分を深く反省しました。
(でもこれは逆に、もし嫌な思いばかりして帰ったら、ものすごい人種差別主義者になってしまったのかな💦)

でも入国審査官は滅びたらいいと思います←


思い切って行って、本当によかったです。
そしてこの後も、何度も推しを観にテキサスに通うことになったのでした……😁


ここまで読んでいただきありがとうございました😊


次回は2回目のテキサス女一人旅です。
この旅行のハイライトは、何といっても、帰国便に乗り遅れたことですね!
乞うご期待(笑)

今後ともどうぞよろしくお願いします😊




↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~


こんにちは! みかちかです😄
2003年(17年前)の私の初めての海外渡航と、それに続く計6回のテキサス旅行記です。
(このシリーズはラグジュアリー度はゼロですがご了承ください😅)

初めての国際線、座席で固まったまま、テキサスにたどり着きました。
DSCF0031


初めての入国審査


👆前回の記事はこちら

バレエダンサーの追っかけで、テキサス州ダラス……のベッドタウンであるアーリントンという、超情報の少ないところに行くことになったお話の続きです。


怖いCAさんに震え上がりながら(大げさ(笑))、飛行機は無事にダラス・フォートワース空港に到着しました。

この便は、日本発なので結構日本人も乗っていました。
最終的にはほとんど乗り換えで別のところに行かれるようでしたが、アメリカはトランジットでも入国審査があるので、列には日本人がたくさんいて心強かったです。


が、事前にネットで調べたところ、アメリカって一人で入国する女性には審査が厳しいとか……。
アメリカで彼氏を作って、そのまま居つくのを警戒しているとのことでした。

で、私は見事に女一人旅……。
しかも旅行大手J社に鼻で笑われたとおり、テキサスに観光で来る人は当時ほとんどいない状態……。
(野球のダルビッシュ有選手がテキサスレンジャーズに所属するのはまだまだ後の話です)

さらに、当時の私はほとんど英語が話せません💦
(今でもそんなに話せませんが、当時はもっとひどかったです)
私は受験勉強を頑張ったタイプではないので💦基礎が出来ておらず、海外のネットゲームをよくやっていたのでそれでやっと英語が読めるようになった、そんなレベルでした。
ゲームをやる前は、英文なんて「絵」に見えていて、言語として頭に飛び込んでくることがなかったんですよ~。

それで、このバレエ追っかけ渡航を考えてから、旅行英会話のCD付きテキストを買って、通勤時に繰り返し勉強しました。
それだけの状態で、厳しいと言われるアメリカの入国審査をクリアできるのか……本当に不安でした。


ESTA導入前だったので入国カードに記入し、ホテルの予約メールやバレエ公演の案内をプリントアウトしたものを握りしめて入国審査に挑みました。
滞在目的、滞在日数、ホテルなど、入国審査で聞かれがちなことはすべて聞かれました。
滞在目的は「Seeing ballet performace」と答えたので、どのバレエ団かまで聞かれましたね~💦

こう書くとスムーズですが、何しろ英語が苦手だし、テキサス英語は聞き取りにくく(この時は自分が英語が苦手なだけだと思っていましたが、その後カナダに行くともうちょっと分かったので……)、また入国審査官は全くフレンドリーさはなく怖かったです……。
でも何とか答えて入国することができました。


入国の次は税関ですが、まずこの流れも初めてなのでよくわかっていなくてドキドキでした。
今では笑い話ですが、まず税関が「Customs」であることが分からない!
もちろん手元の地球の歩き方を見ればわかるのですが、一事が万事こんな感じていちいち調べないと分からないし、一人旅なので相談もできず、とても不安でした。


ちなみに、地球の歩き方は切ってばらばらにし、必要な部分をノートに貼り付けて、そのノートを見るようにしていました。
これは海外バレエ鑑賞を考えた時に参考にさせていただいたサイトの方が紹介していた方法で、荷物の減少&旅行客と分かりにくいという利点がありました。

今はスマホで何でも見られるので、こんな苦労はないですね~💦


そして税関を通ったのですが、この時の私の荷物は、ちょっとだけ大きめの女性用ビジネス鞄1つでした😅
2泊4日の旅程だったのと、冬だったので却って荷物が少なかったんですよね。
汗もかかないので、化粧品と下着程度で済みますので……。
(テキサスのダラス地方は、夏は40度にもなりますが、冬は大阪と同じぐらいの寒さです)

でも、これって今思えば、いかにも身一つで来てアメリカに居つく気満々!みたいな恰好ですよね……。

案の定税関で「荷物それだけですか!?」みたいに驚かれて、やばい……と思いました。
でも幸い、ここはそんなにツッコまれずに通ることができました。


緊張でフラフラになりながらも何とか入国でき、空港からタクシーで予約したホテルに向かいました。

ホリディ・インで火災報知機を鳴らす

タクシーでは特にトラブルもなく、予約メールを見せて無事にホテルに到着しました。

チェックインも予習通りに進み、部屋に到着😊
バレエ団のある、アーリントンのホリディ・インです。
DSCF0030



田舎のモーテルです。
何しろ様子が分からないので公演会場への近さで選んでしまったのですが、車もないし、周りになにもないのでちょっと失敗でしたね~。
DSCF0031



でも部屋とか設備は申し分なかったです😊
DSCF0032



窓から見える景色はこんな感じで、本当に何もないところでした。
DSCF0038



へーこれがアメリカか~、みたいな感じで眺めていました(笑)。
DSCF0039



そして、バレエ公演は到着日の夜にあるので、とりあえずお風呂に入りました。
日本人がやる海外でのお風呂での失敗と言えば、バスタブ以外の床を濡らしてしまって漏水というのが有名ですよね。
私はそれはさすがにやらなかった(日本のホテルも基本的に同じですから)のですが、なんと火災報知機を鳴らしてしまいました……。

お風呂のドアを開けたままシャワーを出したため、湯気で反応してしまったんですよね……。

でも、火災報知機が鳴ったのに誰も来ないし、周りの部屋の人も出てくるとかもないし、一応お風呂から出た後フロントに行ってしどろもどろの英語で説明してみたのですが、特に何の問題もありませんでした。
それはそれで、大丈夫なのかとは思いますが……😅


いきなりやらかしてしまいましたが、気を取り直して本命のバレエ公演会場に向かいました。


続きます。
ここまで読んでいただきありがとうございました😊
次回もどうぞよろしくお願いします😊




↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~


こんにちは! みかちかです😄
2003年(17年前)の私の初めての海外渡航と、それに続く計6回のテキサス旅行記です。

初海外フライトはつらいことも多かったのですが、北極圏の絶景には感動しました!
DSCF0021



成田空港へ


👆前回の記事はこちら

バレエダンサーの追っかけで、テキサス州ダラス……のベッドタウンであるアーリントンという、超情報の少ないところに行くことになったお話の続きです。


さて、大手旅行会社J社(笑)にフラれ。
当時の、今ほどは何でもあるわけではないネット環境でなんとか航空券やホテルを手配し。
まずは成田空港に向かいました。


さすがに国内線は乗ったことがあるので、伊丹→羽田のフライトは普通にこなせました(笑)。

そして羽田から成田へはリムジンバスで行きましたが、ここで到着前に身分証チェックがあったのにはびっくりしました!
三里塚の闘争とかがあるからでしょうか?
(三里塚については先輩が支援していたので、関西人なりにある程度は知っていました)

初めての国際線 アメリカン航空 成田→ダラス・フォートワース空港

成田空港がもはや魔窟に見えた海外初心者

そして初めて成田空港に着いたのですが、恥ずかしながら、もうこの時点でめちゃめちゃ緊張してしまいました。

それというのも、さんざん「海外は怖い」「日本と同じと思うな」という言説を聞いてきたせいで、もはや成田空港も犯罪者の巣窟に見えていました。
本当に今思えば笑い話ですが……。

なんとなく照明も暗くて重苦しいし、人がいっぱいでどこに並べばいいか分からないし。
そもそもチェックインの概念が今一つわかっていなかったので、これ本当にカウンターに並ばないといけないの? 予約しているんだから直接ゲートに行ったらいけないの??というレベルでした(笑)。
(国内線でも同じことをしたはずですが、あまり並んでいなかったのかそこは全然違和感がなかったんです)


でもとにかく地球の歩き方に載っているチェックインと出国手順を踏み、無事にゲートまでたどりつけました。
本当に当時、地球の歩き方はバイブルでしたね……。


狭い機内とCAさんの怖さに固まる私!

そして機内に入って、またショックなことが!
テキサスまでは当時確か往路13時間、復路15時間ぐらいのフライトだったと思うのですが、まさかエコノミーの座席がこんなに狭いとは知らなかったのでショックでした。

最初、ビジネスの座席を通る時点ですでに「こんな狭いところで12時間以上座っているのか、信じられない」と思っていたぐらいで、続くエコノミーの狭さは衝撃でした……。


当時まだスマホも電子書籍もなく、重い本を何冊か抱えて持ち込むぐらいしかできません。

機内エンターテイメントありましたが、今のようなものではありませんでした。
今(2020年)の主流は、メニューから観たい映画や番組を選んで、好きな時間にスタートさせて、何なら一時停止もできる、という形態ですよね。

当時はそうではなく、テレビみたいな感じでずっとローテーションで映画が流れているのです。
そういうチャンネルがいくつかあるのである程度選ぶことはできるのですが、タイミングが合わなければ途中からの視聴になります。


そして、何しろ空港ですら全員犯罪者に見えていた私(笑)、機内でも何があるか分からない!という気持ちでいっぱいで、フライト中はほぼ、カバンをかかえて自席で固まっていました😅
確か往路は、トイレにも行かなかったんじゃないかな……。


私は窓側の席で、隣は結構大きめの白人男性でした。
別に変な人とかではないのですが、やっぱり緊張しますし、CAさんも白人女性ですっごい怖かったし💦
日航との共同運航で日本語のアナウンスもありましたが、CAさんは全員アメリカン航空の方だったと思います。

何というか、ここのCAさんは本当に保安員!という感じでしたね~💦
客員にビシバシ指示をする人で、サービスしてくれる人、という感じでは決してなかったですね。
(もちろん飲み物や食事のサーブはしてくれるのですが……)
本来のCAの在り方としては正しいのかも……?


さらに、実戦(?)で英語を使うのが初めての私、飲み物のオーダーも通じません!
もう、本当につらかったです……。
これがトラウマで、今でもコールドドリンクはほぼオレンジジュース(発音しやすい(笑)!)しか頼まない私が形成されております💦


そんなこんなで、辛いことだらけのフライトでしたが、何しろ初めての海外渡航なのでまあこんなもんかとは思っていました(笑)。

北極圏の絶景に感動💕

初フライトの航路は、ベーリング海峡からカナダ沿いに回るルートでした。
乗る前はルートのことまで考えていなかったので、ルートを見た時にちょっと感動しました。
こんな地球の果て(失礼💦)みたいなところの上を飛ぶのか~!みたいな感じで。



雲海は国内線でも見るのでそこまで感動はしなかったのですが、
DSCF0023



流氷は驚きましたね~!
2月でしたので、こんなものも見えたのです。
(なお、これは復路に撮ったものです)
DSCF0111

最初は雲なのか、流氷なのか分からずでした。
というのも、流氷ってこんな上空から見えるものなのか、という疑問もありまして。
今見たら絶対雲じゃないと分かるのですが、当時は分からなくてずいぶん考えました。



これも復路に撮ったものですが、多分アラスカかカナダの北の方だと思います。
こういう、山のないうすーい陸地というのも初めて見て、不思議だなあ……とずっと眺めていました。
DSCF0086



機内エンターテイメントはしょぼいものの(笑)、当時でもエアショーやフライト情報は常にモニターに表示されていました。
それで外気温を見るだけでも興奮しましたね……!


往路の機内食、メインは緊張しすぎていたのか(笑)、撮っていません。
内容は覚えていませんが、アメリカン航空の機内食は、総じてまあめちゃめちゃまずくもなかったと思います。

朝食はこんな感じでした。
今思えば日韓線でももうちょっと豪華だぞという感じもしますが(笑)、私は下手な機内食なら菓子パンの方がいいタイプなので、これはありがたかったですね~。
DSCF0025



そして無事にダラス・フォートワース空港に到着し、恐怖のアメリカ入国審査に突入しました。
アメリカ、女一人旅に厳しいんですよ……。


続きます。
ここまで読んでいただきありがとうございました😊
次回もどうぞよろしくお願いします😊

👇次の話




↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~


↑このページのトップヘ