盆正月の海外背伸びラグジュアリー・会社員夫婦のふつうの旅行

ふつうの会社員夫婦ですが盆正月はちょっとだけラグジュアリーに海外旅行を楽しむのが趣味。ドバイ、アイスランド、フィンランド、ギリシャ・サントリーニ&アテネ、マレーシア・ランカウィ島などの旅行記です。

タグ:インド料理

2015年のゴールデンウイーク、3泊5日モスクワ旅行記です。

モスクワ3日目、なぜか道に迷いながらも💦
アルバート通りに到着し、インド料理店に向かいました。

最初の記事

アルバート通り

歩行者天国のアルバート通りです。
いろんなカフェがあって可愛いです!
IMG_20150505_011715
しかし個人的に、ここは既視感(デジャヴ)がすごかったです。
ありえないのに、絶対に以前ここに来たことがある!という感覚になってしまって……普段そういうことはないのですが。

頭では初めて来たことが分かっているのに、来たことがあるもしくは夢の中で何度も見たことがあるような景色に思えて不思議でした。

アルバート通りは有名なので前から知ってはいましたが、そこまで力を入れて調べたり写真を見たりしていたわけではないのに……。

既視感って脳のバグで説明がつくらしいのですが、実際になると本当に不思議ですね🤔



インド料理店「タージ・マハル(TAJJ MAHAL、  Тадж Махал)」

アルバート通りに着いてさえしまえばお店はすぐわかりました。

しかしお店は2階に上がっていくのですが、1階はバーみたいになっていて、お店に通じる階段前にちょっと男性がたむろしていたりして入りにくかったですね💦

といっても夫がその男性グループに聞いたらすぐ「お店は上ですよ」と教えてくれて、変な人たちではなかったようなのですが。



内装はシックな感じです。
IMG_20150505_013444



サラダ、カレー、ナン、マンゴーラッシーを頼んでみました。
IMG_20150505_014653

IMG_20150505_014702



あとチキンティッカも。
IMG_20150505_015646
で、お味ですが……。

我々は日本でもよくインド料理を食べますが、旅行に行った先でもインド料理を食べるのが趣味なんです。

理由は、どこで食べてもだいたい容赦なくインド料理の味がするからです(笑)

日本を含めて、あまり現地向けにアレンジとかしていないんだな〜という感動があって、旅先で欠かさず食べてみることにしています。


しかしここモスクワでは、思いっきり現地アレンジになっていて、なんとほとんどカレーの味がしませんでした!

チキンティッカも同じくです。
特にカイエンペッパーはほぼ入っていない感じがしました。

ロシアの方はスパイスの刺激を好まないと聞いたことがあるのですが、なのでスパイスを抜いてしまったのかな?


インド料理は全世界で本場の味なのかと思っていたのですが、そうでもないと分かった経験でした!


美味しくない訳ではないのですが、カレーという感じではなかったですね〜。


あと、メニューには日本料理もありました!
なぜタージ・マハルという店に日本料理が!?と思いましたが、どうやらアジア料理というくくりみたいですね。

日本出身のせいか、日本食をアジア料理とカテゴライズしたことがなかったのですが、言われてみればそのとおりですね〜!

アラブ料理やウズベキスタン料理など、他の地域のアジア料理もありました。


一皿数百ルーブルぐらいからで、味がインド料理ぽくはないですが悪くはなかったです😊



食事のあとは、ホテルでお手洗いに行きたかったので💦 あまり他の店は寄らずに帰りました。

帰りは迷わずアルバーツカヤ駅に行くことができ、スムーズに帰れました。



ここまで読んでくださってありがとうございます😊
次回は軍事パレードリハーサルを目撃したお話です。
次回もよろしくお願いします~!

次の記事

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




2015年のゴールデンウイーク、3泊5日モスクワ旅行記です。

最初の記事


モスクワのドモジェドヴォ空港が目的地ですが、エミレーツ航空利用のためドバイでトランジットします。

ドバイとモスクワって時差が1時間なんですよね。
ドバイで結構ロシア人ぽい人を見ますが、モスクワの人にとっては時差が少なくて行きやすいリゾートなのかもしれませんね。

(自分が(英語以外の他の言語に比べたら)ロシア語に親しんでいる(わかるとは言いません😅)からロシア人を発見しやすいだけかもですが)


保安検査を経て再度セキュリティ・エリアへ

UAEはトランジットでは入国の必要はありませんので、保安検査のみ済ませていつもの楽しいドバイ国際空港で過ごしました😊


保安検査のとき、係のお兄さんからすごく香水のいい香りがして、「ああ、ドバイに来たなあ(※モスクワ旅行ですよ)」という気持ちになりました。


そういえば先日大阪のなんばで顔の濃ゆいハンサムな外国人男性3人ぐらいとすれ違った時、やはり香水のいい香りがしたので、あっ中東から来たのかな〜と思いましたね😉


到着は5時台、モスクワ便は9時台の出発なので(当時正確な時間を控えてなかったです💦)空港を堪能するには十分です。
IMG_20150502_091803



免税店などを冷やかします。
なにしろドバイか好きなので(※モスクワ旅行です)空港を歩いているだけで楽しいです。
IMG_20150502_093503



夜明けが見えます✨
綺麗ですが暑そうです😅
IMG_20150502_101642



ドバイの王様の家系(マクトゥーム家)の歴史的なパネルがありました。
IMG_20150502_103255



Taste of Indiaでインド料理

そして朝からインド料理を食べました😁
(ちなみにモスクワでもインド料理は食べました😁)

GATE C にあります。
初めてか2回目かにドバイに来た時に利用したお店です。
IMG_20150502_113517



眩しい朝日の中……
IMG_20150502_113523



カレーセットを食べました!
IMG_20150502_115541
間違いのない美味しさ!
インド料理ってほんとハズレが少なくていいですね。



ちなみに我々は旅行に行った先で必ずといっていいほどインド料理を食べるのが趣味で……
インド系の多いドバイやマレーシアはいいとして



食べています😁

でも意外と(?)アメリカでは食べてないですね。
今度行くことがあったら食べようと思います!


この後はいよいよモスクワ行きに搭乗しました。

読んでくださってありがとうございます。
次回もよろしくおねがいします!

次の記事


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




2015~2016年末年始の、通算4回目のドバイ旅行記です。


ドバイ6日目、この年の大晦日は花火スポットには行かず、宿泊しているケンピンスキー・ホテル・モール・オブ・ジ・エミレーツでインルームダイニングをとり、ホテルでまったり過ごしました。
IMG_20151231_192539


最初の記事
他のドバイ旅行記
20192017、2018バージュ・カリファ(ブルジュ・ハリファ)の花火
アイスランド|→サントリーニ島・アテネ|→ランカウイ島・マレーシア


朝食

前日はアブダビだったしこの日は特に予定はないので、朝もゆっくりしました。

10:10、朝食会場OLEAで朝食です。
IMG_20151231_101449
もはや当時心がけていた糖質制限のトの字もないチョイスです(笑)


途中、大晦日のディナーの予約をしませんかと声をかけていただきましたが、部屋でゆっくり食事したかったので断ってしまいました。
でも参加してみても面白かったかも?😊


モール・オブ・ジ・エミレーツへ


朝ごはんのあとは部屋でゴロゴロ……。
夕方にモール・オブ・ジ・エミレーツに行きました。
IMG_20151231_174526
ダウンタウン・ドバイに宿泊していたら、夕方に隣接モールなんてとんでもない(花火を見に来る人で混む)ですが、こちらだとゆっくり見られます。



インルーム・ダイニング

大晦日の夕食はインルーム・ダイニングを頼みました。

ビリヤニとカレー……またビリヤニ食べてる!(笑)
ドバイに来てから、ビリヤニ食べなかったの1日だけですね……糖質制限どころの騒ぎではありませんね😁
IMG_20151231_192539
どれも美味しかったです✨



花火はテレビで鑑賞……と思ったら?

ドバイはNew Year花火、特にバージュ・カリファのものが有名ですが(こちらをどうぞ→20192017、2018)、この時は花火スポットの近くには泊まっていなかったため、テレビの中継で楽しもうかと思っていました。
IMG_20151231_203031



それでいろいろチャンネルを変えていたのですが、なかなかバージュ・カリファのあるダウンタウン・ドバイは映さない……。
IMG_20151231_205017



アラビア語は分からないし、英語で花火を中継しているチャンネルは見つけられずで様子がわからなかったのですが……。
IMG_20151231_203237
IMG_20151231_203047
↑アブダビの王様とドバイの王様です。



するとちょっと経ってから(日本が朝になってからだったかな?)日本から母よりメールが来て、

「ドバイのホテルが火事らしいけど大丈夫ですか?」
と……。

バージュ・カリファの真向かい、アドレス・ダウンタウンが火事になったのがこの年だったのでした。

たまたまこの年だけダウンタウン・ドバイエリアに泊まらなかったのですが、アドレス・ダウンタウンも泊まったこともありますし、もし手の届くような部屋が空いていればこの年泊まったかもしれないのですよね……。


ともかく、それでテレビもダウンタウン・ドバイが映せなかったと分かりました。
花火は決行したそうですが……翌日の地元紙に「火事はドバイを負かすことはできなかった!」みたいなことが書いてありました💦


しかしニューイヤーの瞬間はそうとは知らず、我々はホテルからパームやビーチエリアの花火を見て楽しんでいました。

花火は次回の記事にしますね。
読んでくださってありがとうございました☺


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




↓参加トラコミュです。
にほんブログ村テーマ 海外旅行・海外出張総合へ
海外旅行・海外出張総合
海外旅行に関係すること
旅行情報局
旅行
観光&地域の情報
海外旅行記
海外ホテル
世界のホテル

2015~2016年末年始の、通算4回目のドバイ旅行記です。

ドバイ5日目、アブダビに長距離バスで小旅行しました。

アブダビではまずはヤス島に向かいましたが、その前にバス・ステーション向かいのアル・ワーダ・モールでビリヤニを食べました😁
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_154048
(これでここまでのUAE滞在5日間中、4日間インド料理を食べたことに……(笑))


最初の記事
他のドバイ旅行記
20192017、2018バージュ・カリファ(ブルジュ・ハリファ)の花火


アル・ワーダ・モールでビリヤニ

バス停の前にアル・ワーダ・モールがあります。
結構大きいモールで、歩いていけるし便利です。
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_151302



こちらもまだまだクリスマス仕様です🎅
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_152956



少しブラブラして、15:40にフードコートでビリヤニを食べました。
これが今思えばチェーンの Shamiana なのですが、この時は最高に美味しいと思いました(もちろんもともと美味しいチェーン店ですが)。
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_153913
たまたまそのときのビリヤニの出来がものすごくよかったのかな?
2018年に食べたときは普通だと思ったので……。


ここは通りがかっただけですが、店名がブリッコで面白かったので撮影しました(笑)
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_161717



路線バスでヤス島へ

これまでアブダビ内の移動はタクシーでしかしたことがなかったのですが、この年は路線バスに挑戦してみました。

長距離バスのバス・ステーションから出ているわけではなく、路線バス用のバス停までは少し歩きます。

でも路線バスのチケット(hafilat card 、suica的なカードで誰でも買えます)は長距離バスのバス・ステーションで売っているので先に買っておくといいと思います。
IMG_20160104_010819
15ディルハム分買いました。

奥の緑の建物が長距離バスのバス・ステーションです。
バス停までは歩道橋などを使って少し離れた場所まで移動します。
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_165022



歩道橋から車道を見下ろしたところです。
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_164802



バス停に到着しました。
ちゃんと乗れるかドキドキしながら……。
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_165005



このあたりは別に危ないというのではないですが、ちょっと男性グループがたむろしていたりして、女性一人だと気をつけたほうがいいかも。
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_165015


無事にヤス島行きのバスが来ました。

中は前方が女性席、後方が男性席で完全に分かれていました。
このときは女性は私一人、男性席は結構混んでいました。ファミリーであっても男性は男性席なので、夫と分かれて座りましたよ。


途中の夕日です。
路線バスに乗りに向かったのが16:50、ヤス島に着いたのが18:00。
バスの発車時刻は覚えていないのですが、急ぐ方はタクシーがいいと思います。
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_173327



ヤス島のヤス・モール前で降りました。
ドバイからアブダビへ小旅行_20151230_175857


ヤス島はF1アブダビ・グランプリの開催地で、フェラーリ・ワールドもこちらにあります。
フェラーリ・ワールドは2回行ったので、今回は行かずに……

IKEAに行きました😁(なぜ!(笑))
次回はIKEAアブダビ店からお送りします!(笑)
次の記事


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




↓参加トラコミュです。
にほんブログ村テーマ 海外旅行・海外出張総合へ
海外旅行・海外出張総合
海外旅行に関係すること
旅行情報局
旅行
観光&地域の情報
海外旅行記
海外ホテル
世界のホテル

2015~2016年末年始の、通算4回目のドバイ旅行記です。

グローバル・ヴィレッジの続きです。

この時は結構がっつり周ったのですが、紹介はあっさり目に、今回で終えますね。
→濃い目の紹介はこちらからどうぞ
(別の年ですが)

最初の記事
他のドバイ旅行記
20192017、2018バージュ・カリファ(ブルジュ・ハリファ)の花火
アイスランド|→サントリーニ島・アテネ|→ランカウイ島・マレーシア


Hyderabadi Dum Biryaniで夕食

入場から2時間ぐらい経った18:30頃、インド料理レストラン Hyderabadi Dum Biriyani で休憩がてら夕食をとりました。
IMG_20151228_183021
ドバイに着いてから毎日インド料理食べていますが……(笑)

しかし上の写真はメニュー表の表紙ですが、中華料理とも書いていますね。
そんなのあったかなあ?(笑)


マンゴーラッシー 20ディルハム。
素焼きの入れ物に入っています。
時間が経つと入れ物が水分を吸ってラッシーが濃ゆくなっていくというものでした。
IMG_20151228_183634
夫はバナナラッシー、これも20ディルハ厶でした。


ミックスプラッター(チキン・マトン) 75 ディルハム、プレーンナン 6ディルハム。
IMG_20151228_184159
紙皿ですが、席なんかはちゃんと案内してくれるので混んでいても安心です。

合計121ディルハムでした。


アフガニスタン・パビリオン

食事のあと、23時頃まで各パビリオンをガッツリ回りました。

アフガニスタンにはバーミヤンの石窟大仏が……。
IMG_20151228_194117



シリア・パビリオン

民族舞踊がかっこよかったです!
IMG_20151228_195729
でも伝統的な民族舞踊なのかは判別がしづらいですね……。
というのも、日本パビリオンでの出し物で、ボカロ曲でよさこいのような衣装で踊るのを見たことがあるからです。

それが悪いというのではなく、私達は日本文化に親しんでいるからそれが現代アレンジなのかどうなのか判別できたのですが、文化が違うと判別できないなあと……。



パレスチナ・パビリオン

さすが中東、イスラエルの文字はありません!
IMG_20151228_203041



キリストグッズ(?)もたくさんあります。
IMG_20151228_203636



エジプト・パビリオン

博物館的なものがありました。
ロゼッタストーンのレプリカとか……
(英語の解説がないです(笑))
IMG_20151228_205029



歴代の旗とか。
PANO_20151228_205315



混雑具合

すごい人出です!
いつも大人気のグローバル・ヴィレッジです。
IMG_20151228_213543



アメリカ大陸パビリオン

マヤ遺跡風?にハリウッドの文字と、なかなかいいカオス具合です。
IMG_20151228_224716



ドンドルマ

ドンドルマはドバイでも、落とすふりをしてから渡してくれます(笑)
(でも我々はその小芝居に食傷気味だったり……(笑))
IMG_20151228_230723


23時過ぎまでがっつり堪能し、タクシーでホテル(MOEのケンピンスキー)に戻りました。

翌日はマディナ・ジュメイラに行きました。



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




↓参加トラコミュです。
にほんブログ村テーマ 海外旅行・海外出張総合へ
海外旅行・海外出張総合
海外旅行に関係すること
旅行情報局
旅行
観光&地域の情報
海外旅行記
海外ホテル
世界のホテル

↑このページのトップヘ