こんにちは! みかちかです😄
2003年(17年前)の私の初めての海外渡航と、それに続く計6回のテキサス旅行記です。

初海外フライトはつらいことも多かったのですが、北極圏の絶景には感動しました!
DSCF0021



成田空港へ


👆前回の記事はこちら

バレエダンサーの追っかけで、テキサス州ダラス……のベッドタウンであるアーリントンという、超情報の少ないところに行くことになったお話の続きです。


さて、大手旅行会社J社(笑)にフラれ。
当時の、今ほどは何でもあるわけではないネット環境でなんとか航空券やホテルを手配し。
まずは成田空港に向かいました。


さすがに国内線は乗ったことがあるので、伊丹→羽田のフライトは普通にこなせました(笑)。

そして羽田から成田へはリムジンバスで行きましたが、ここで到着前に身分証チェックがあったのにはびっくりしました!
三里塚の闘争とかがあるからでしょうか?
(三里塚については先輩が支援していたので、関西人なりにある程度は知っていました)

初めての国際線 アメリカン航空 成田→ダラス・フォートワース空港

成田空港がもはや魔窟に見えた海外初心者

そして初めて成田空港に着いたのですが、恥ずかしながら、もうこの時点でめちゃめちゃ緊張してしまいました。

それというのも、さんざん「海外は怖い」「日本と同じと思うな」という言説を聞いてきたせいで、もはや成田空港も犯罪者の巣窟に見えていました。
本当に今思えば笑い話ですが……。

なんとなく照明も暗くて重苦しいし、人がいっぱいでどこに並べばいいか分からないし。
そもそもチェックインの概念が今一つわかっていなかったので、これ本当にカウンターに並ばないといけないの? 予約しているんだから直接ゲートに行ったらいけないの??というレベルでした(笑)。
(国内線でも同じことをしたはずですが、あまり並んでいなかったのかそこは全然違和感がなかったんです)


でもとにかく地球の歩き方に載っているチェックインと出国手順を踏み、無事にゲートまでたどりつけました。
本当に当時、地球の歩き方はバイブルでしたね……。


狭い機内とCAさんの怖さに固まる私!

そして機内に入って、またショックなことが!
テキサスまでは当時確か往路13時間、復路15時間ぐらいのフライトだったと思うのですが、まさかエコノミーの座席がこんなに狭いとは知らなかったのでショックでした。

最初、ビジネスの座席を通る時点ですでに「こんな狭いところで12時間以上座っているのか、信じられない」と思っていたぐらいで、続くエコノミーの狭さは衝撃でした……。


当時まだスマホも電子書籍もなく、重い本を何冊か抱えて持ち込むぐらいしかできません。

機内エンターテイメントありましたが、今のようなものではありませんでした。
今(2020年)の主流は、メニューから観たい映画や番組を選んで、好きな時間にスタートさせて、何なら一時停止もできる、という形態ですよね。

当時はそうではなく、テレビみたいな感じでずっとローテーションで映画が流れているのです。
そういうチャンネルがいくつかあるのである程度選ぶことはできるのですが、タイミングが合わなければ途中からの視聴になります。


そして、何しろ空港ですら全員犯罪者に見えていた私(笑)、機内でも何があるか分からない!という気持ちでいっぱいで、フライト中はほぼ、カバンをかかえて自席で固まっていました😅
確か往路は、トイレにも行かなかったんじゃないかな……。


私は窓側の席で、隣は結構大きめの白人男性でした。
別に変な人とかではないのですが、やっぱり緊張しますし、CAさんも白人女性ですっごい怖かったし💦
日航との共同運航で日本語のアナウンスもありましたが、CAさんは全員アメリカン航空の方だったと思います。

何というか、ここのCAさんは本当に保安員!という感じでしたね~💦
客員にビシバシ指示をする人で、サービスしてくれる人、という感じでは決してなかったですね。
(もちろん飲み物や食事のサーブはしてくれるのですが……)
本来のCAの在り方としては正しいのかも……?


さらに、実戦(?)で英語を使うのが初めての私、飲み物のオーダーも通じません!
もう、本当につらかったです……。
これがトラウマで、今でもコールドドリンクはほぼオレンジジュース(発音しやすい(笑)!)しか頼まない私が形成されております💦


そんなこんなで、辛いことだらけのフライトでしたが、何しろ初めての海外渡航なのでまあこんなもんかとは思っていました(笑)。

北極圏の絶景に感動💕

初フライトの航路は、ベーリング海峡からカナダ沿いに回るルートでした。
乗る前はルートのことまで考えていなかったので、ルートを見た時にちょっと感動しました。
こんな地球の果て(失礼💦)みたいなところの上を飛ぶのか~!みたいな感じで。



雲海は国内線でも見るのでそこまで感動はしなかったのですが、
DSCF0023



流氷は驚きましたね~!
2月でしたので、こんなものも見えたのです。
(なお、これは復路に撮ったものです)
DSCF0111

最初は雲なのか、流氷なのか分からずでした。
というのも、流氷ってこんな上空から見えるものなのか、という疑問もありまして。
今見たら絶対雲じゃないと分かるのですが、当時は分からなくてずいぶん考えました。



これも復路に撮ったものですが、多分アラスカかカナダの北の方だと思います。
こういう、山のないうすーい陸地というのも初めて見て、不思議だなあ……とずっと眺めていました。
DSCF0086



機内エンターテイメントはしょぼいものの(笑)、当時でもエアショーやフライト情報は常にモニターに表示されていました。
それで外気温を見るだけでも興奮しましたね……!


往路の機内食、メインは緊張しすぎていたのか(笑)、撮っていません。
内容は覚えていませんが、アメリカン航空の機内食は、総じてまあめちゃめちゃまずくもなかったと思います。

朝食はこんな感じでした。
今思えば日韓線でももうちょっと豪華だぞという感じもしますが(笑)、私は下手な機内食なら菓子パンの方がいいタイプなので、これはありがたかったですね~。
DSCF0025



そして無事にダラス・フォートワース空港に到着し、恐怖のアメリカ入国審査に突入しました。
アメリカ、女一人旅に厳しいんですよ……。


続きます。
ここまで読んでいただきありがとうございました😊
次回もどうぞよろしくお願いします😊

👇次の話




↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~