こんにちは! みかちかです😄

サーリセルカで宿泊したのは、オーロラ小屋もあるホテル、リエコンリンナでした。
Image299
リエコというのは雷鳥という意味だそうです。


→他のフィンランド旅行記 2011年2017年

2007年11月、初めてのフィンランド、サーリセルカ・ロヴァニエミ・ヘルシンキ旅行記です。

ホテル リエコンリンナ

サーリセルカの町は本来スキーリゾートだそうで、別にみんながオーロラ目的ではないとのことです。

とはいえ我々を含め、日本からのお客さんはほぼオーロラ目的ですよね😉

リエコンリンナはオーロラ小屋(夜にオーロラを待つ人が暖を取れる小屋)もあり、日本語でアクティビティの予約もできるので、日本からのお客さんフレンドリーな感じでした😊


ロビーにはホテルの名前にもなっているリエコ(雷鳥)の剥製がたくさん飾ってありました。
Image301



日本では天然記念物ですが、フィンランドでは食べてもOKです。
(我々も食べました😋)
Image299
Image300



素朴な感じですが、可愛い北欧インテリアでした。
Image271



廊下も可愛い💖
Image274



写真を撮っていないのですが、ここのエレベーター、扉がなんと開き戸だったんです。
開き戸のエレベーターって初めて見ました……。
Image275



お部屋も素朴ですが可愛いかったです。
Image262



部屋にはシャワーのみでした。
共同のサウナがあるので行きましたが、日本のサウナとほぼ同じで驚きました、というかいきなりスパワールドに来たような気持ちになりました(笑)
Image263

日本のサウナって本場に忠実だったんですねえ……。


そして、朝食などレストラン設備については全然覚えていないです💦
何食べていたのかしら……(笑)



ここまで読んでくださってありがとうございます😊
次回はアクティビティについて書こうと思います。
どうぞよろしくお願いします😊


人気記事・関連記事


 



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~