2019年8月、ロンドンに観劇に行った際の旅行記です。

最初の記事


水漏れ事件による部屋移動後の、お部屋紹介の続きです😊


部屋移動後 ワン・オルドウィッチ デラックス・ルーム34~37㎡(続き)




こちらのお部屋は、お風呂に窓があります!
IMG_20190808_230311



が、ちょっと屋根の関係などで斜めになっていて……この雰囲気はどこかで……!?
IMG_20190808_230333



そう、なんとなく、銭湯っぽくないですか?(笑)
IMG_20190808_231205



ちなみにこちらは明るい時間に写したものです。
より銭湯っぽさがないですか!?(笑)
IMG_20190809_154939



6階なので、ロールスクリーンを開放して入る訳にはいかないですね😁
IMG_20190809_154947



元の部屋はダブルシンクだったのですが、こちらは一つでした😆
IMG_20190808_230322

IMG_20190808_230413

IMG_20190808_230421

IMG_20190808_230429



当たり前ですがアメニティなどは元のお部屋と同じです😊
IMG_20190808_230458



そして、シャワーブースもちょっと斜めっていて……特に夫は背が高いから使いにくかったそうです。
IMG_20190808_230517



ウェットエリアからベッドルームに出る扉です。
移動後のお部屋は、ちょっと変則的な間取りになっていて、これはこれで面白かったですね~。
IMG_20190808_230554


この時移動を担当してくれたスタッフさんが面白いというかなんというか、
「イギリス人って本当にイングリッシュ・ジョークとか言うんだ……」っていう感じでした(笑)。


今回の移動、きっかけが上階からの水漏れなので、日本のホテルなら平謝りにつぐ平謝りになると思うんですよね。
(いや日本というか他のどの国でも水漏れ事故にあったことはないですが(笑))
でも、結構冗談とかいいながらの対応なんですよね~!

こちらも疲れて帰ってきた上の再パッキング&移動だったので、元の部屋に貴重品の忘れ物をしてしまったんですよ。
そしたら荷物を持ってきてくれたあとで、なんだか手品みたいに胸ポケットから「ジャーン」みたいな感じで出してきてくれたりとか……😆

後日もロビーで会ったら水漏れをネタにしてきたりとかして、でもそれは不快とかいう訳じゃなくて(面白かったし😆)、「文化が違う……!」と思いました(笑)。


文章でうまく伝えられなくて、これだけ読んでいただいたら「失礼なスタッフだな!」という印象になるかもしれませんが、そういう訳でもないんですよね~。
ほんとに面白いなって思いました😊


ここまで読んでくださってありがとうございます!
次回もどうぞよろしくお願いいたします😊


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~