2017年のアイスランド・フィンランド旅行記です。
1回目はこちら


帰国日、レイキャヴィクを出発し14:00頃ヘルシンキに到着しました。
ヘルシンキは17:25出発です。


ヘルシンキ・ヴァンター国際空港 O'LEARYS で昼食


レイキャヴィク→ヘルシンキ便は食事は出なかったので、まずは軽く食べることにしました。

カジュアルな感じで気軽に食べられそうだったので、O'LEARYSというお店に入りました。
シェンゲン協定エリア内だったかな?
IMG_20170814_113020
スポーツバー的な感じのところでした。
ハンバーガーは普通に美味しかったです。


シェンゲン協定外エリア

空港では全く写真を撮っていないのですが(笑)
食事のあと、出国手続きを終えてシェンゲン協定外エリアに出ました。

免税品などこちらも充実していて、普通のブランド物の他にもフィンランドデザインアクセサリーなどたくさんあって楽しかったです。


どうも出国してしまうと店がしょぼいのでは!?という先入観をもってしまいがちです、どこも全然そんなことないのに……。

関空がそうだからか(いやでも関空も飲食店はあれですが普通の店は出国エリアのほうが充実しているかな)、新幹線のイメージなのか……(笑)



普通のお土産物コーナーもハイセンスなものからベタベタなものまで品揃えが良かったです。

驚いた(かつ、いいと思った)のが、ゲイアートのトム・オブ・フィンランドのグッズが普通にお土産物コーナーに、人通りの多いところに面して並んでいたことです。

レザーを着たマッチョな男性が抱き合ったりしているものですが、北欧デザイン〜なカードなんかと普通に並んで売られているのがすごくいいなと思いました


そういえばヘルシンキで宿泊した ソコス・ヴァークナ・ホテルにも展覧会のチラシが普通に置いてありましたし、さらに何年も前に宿泊したホテルではフリーの観光チラシ・飲食店情報誌をおいてあるコーナーにゲイ向けフリー情報誌も普通に置いてありました。

「隠すもの」じゃないんですよね、素敵です。


そうこうするうちにゲートインの時間になったので向かいました。


フライト


エコノミーですが、シートは前の方のビジネスとの仕切り?のすぐ後ろを指定しておきました。
有料だったと思います。
IMG_20170814_170807



広くて楽でした
IMG_20170814_171217



頭上にみんな用モニターがあります。
自分用のは横から出してきます。
IMG_20170814_171240



窓から〜。
IMG_20170814_172722



すぐ前はビジネスです。
選ばれし人たちが座っています(笑)
IMG_20170814_172731



帰りも美しいエアショーです。
エアショー好きなので嬉しいです
IMG_20170814_172908



離陸〜!
さようならユーラシア大陸!
IMG_20170814_173919



ロシアをつっきります。
IMG_20170814_175709



機内食一回目です。
IMG_20170814_181847



メニューは忘れてしまいました
しかしこの食事は……
IMG_20170814_182121



フィンランドの小学校の給食風なんだそうです。
なんですかその謎のコラボは(笑)
IMG_20170814_182127



フィンランド独立100周年を記念してフィンランドの食文化を紹介する取り組みのひとつ的なかんじみたいです。
IMG_20170814_182137
フィンランドは給食費無料なんですね。
いいな〜。



2回目の食事です。
これもなんだったか忘れてしまいました……。
18-11-26-18-21-43-543_deco



そういえば日本はこの頃北朝鮮のミサイルで盛り上がっていました。
(アホらしい騒ぎでしたが……)

私も悪乗りしてこの写真を部下に見せて「ピョンヤンの近く通ったよ〜✌」「えーっ、こわい〜〜〜!!」みたいなことをやってました(わたしもアホです……)
IMG_20170815_071005



こんな感じで帰ってきました。
IMG_20170815_071110

関空からはリムジンバス→タクシーで帰宅しました。
荷物も無事届いてよかったです。


機内販売


フィンランド製の化粧品など買ってみました。
IMG_20170815_181935



スクラブと美容液?とクリームのセットです。
スクラブがなかなか過激派でピリピリしましたが(笑)使っている間肌の調子がよかったので一時期通販しようかなと思いました
IMG_20170815_181950



おまけ

飼い猫にも忘れられていなかったのでよかったです(笑)
IMG_20170820_051340



猫の記憶は一週間といいますが、幸い?それ以上の休暇はとれないので試したことはありませんが……どうなんでしょうね。
IMG_20170822_002029
猫はいつも実家の母に面倒をみてもらっています。
いつもありがとうございます






にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ
ランキングに参加しています。クリックして頂けるとありがたいです!