私は海外では本当に普通の観光地や、観光地としてはマイナーでも観劇で劇場のあるようなところしか行かないので、ほとんど身の危険は感じたことはありません。
とはいえ非常にビビりなので、特に初めて行く国の場合など、地球の歩き方などで防犯情報をよく読んでいくようにしています。

しかし読むたびに思うことがありまして……

よく聞く防犯対策


ガイドブックによく、海外での防犯対策として下記のようなことが書いてあります。
  • カバンは体の前でしっかり持つ
  • 道路側にカバンを持たない
  • カバンを席に置いたままにしない
  • お金を人前で見せない
  • スリに注意

しかしこれを見るといつも

「みんな国内では、やってないの!?」

などと思うのです。


大阪(市内)では普通?

IMG_20180928_223441
画像と内容は無関係です(笑) 大好きな鶴橋風月〜


というのも私は大阪市内に生まれ育ちましたが、上記は親から言われてずっとやってきたことでした。

いやそう言うと大阪が怖いところみたいですが、いや実際母も知人もひったくりにあいましたが‌、それほどではないと思いますが……親もビビりなのかもしれません。


同じ大阪でも、郊外の人に聞くと、カバンの持ち方なんて考えたことがないと……。
なんと……。

私は自然に、ひったくりが後ろから来ても掴みにくい方にカバンは持ち替える、何も防ぐものがなければ体の前で持つ習慣が身についています。


お店なんかではほんの一瞬でもカバンをおいて席を立ったりしないですし(実はこのせいで飛行機の中ですら荷物をおいて席を立つのに少し抵抗があります……置いて立ちますけども)、カバンはファスナーがついているかが選ぶ際のポイントだったりします。


さすがにサイフはもう気にしていませんが、でもお金を持っているところを見せないほうがいい、という意識はあります。


というのは普通だと思っていたんですが、どうなんでしょう……。
おかげで、(私が行く範囲での)海外でも特に防犯!とか、日本とは違うんだから……と身構えることは必要ないのですが……。


やはり大阪怖いのかな……?
でも大阪に限らず、東京とかの人の多い都会は歩いてて緊張感あるし、どうでしょう……。




ランキングに参加しています。クリックして頂けるとありがたいです!