盆正月の海外背伸びラグジュアリー・会社員夫婦のふつうの旅行

ふつうの会社員夫婦ですが盆正月はちょっとだけラグジュアリーに海外旅行を楽しむのが趣味。ドバイ、アイスランド、フィンランド、ギリシャ・サントリーニ&アテネ、マレーシア・ランカウィ島などの旅行記です。



こんにちは! みかちかです😄

2004年8月、両親と3人でのカナダ旅行記です。

👇前回の記事
 


モンゴメリの墓


ツアーではグリーンゲイブルス訪問後、『赤毛のアン』作者のルーシー・M・モンゴメリのお墓を訪問しました。
本当に『赤毛のアン』は少女時代は憧れた小説でしたので、感慨深かったです。
DSCF0081


グリーンゲイブルス博物館

掲載が前後してしまいましたが、グリーンゲイブルスに行く前に、グリーンゲイブルス博物館もツアーで寄りました。
(ややこしいですが別施設です)

可愛い井戸😊
DSCF0038

DSCF0039

DSCF0040



グリーンゲイブルスほどは混んでいないので、ゆっくり見ることができました。
DSCF0041



こういう窓が可愛くて大好きです💖
(断熱性能はよくはなさそうですが💦)
DSCF0042



可愛い室内もたくさん写真が撮れました😊
グリーンゲイブルスの方は結構行列状態で、あまりゆっくり写真は取れなかったので💦、こちらで撮っておいてよかったです。
DSCF0043



可愛いドアに椅子💖
DSCF0044



ベッドも可愛くてたまらないです💕
DSCF0046

DSCF0048



私はこういうインテリアが好きなのでたまりません。
逆に別にこういうインテリアが好きでなかったら「ふーん」という感じかもしれませんが💦
DSCF0047



もし自宅に寝室が3つぐらいあったら、1つはこういうコテコテのカントリーにするんだけどな~😋

と、こういう👆嗜好ってやっぱり赤毛のアンや大きな森の小さな家(こちらはもっとワイルドですが)で培ってしまったような気がする私なので、こういったインテリアを見られるのは本当に楽しかったです。


ここまで読んでいただきありがとうございました😊
次回もどうぞよろしくお願いします😊




↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




こんにちは! みかちかです😄

2004年8月、両親と3人でのカナダ旅行記です。

👇前回の記事


赤毛のアンのグリーンゲイブルス


グリーンゲイブルスには、パッケージツアーで連れてきてもらいました。
DSCF0062b2



小説の世界を再現してあります😊
それを差し引いても、カントリー好きなので見ているだけでわくわくしました!
DSCF0064

DSCF0065

DSCF0063

DSCF0066



こういう台所のこまごましたものって可愛いですよね💕
DSCF0067



アンの部屋💖
DSCF0069



逆光で見えないですが、左にかかっている服は膨らんだ袖のドレスだったと思います👗
DSCF0070

DSCF0071



裏手には「お化けの森」まで再現されていました。
広大な森ではないのですが、中に入ると静かで木がザワザワして雰囲気がありました。
DSCF0074

DSCF0073



憧れのグリーンゲイブルスに行くことができてよかったです😊


ここまで読んでいただきありがとうございました😊
次回もどうぞよろしくお願いします😊


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~




こんにちは! みかちかです😄

2004年8月、両親と3人でカナダ旅行に行きました。

目的は『赤毛のアン』の島プリンスエドワード島で、1週間ほどでカナダを横断するパッケージツアーでした。
両親は海外旅行が初めて。
また母と私は『赤毛のアン』のファンだったので、大満足でした😊

ナイアガラの滝


カナダへは関空からエアカナダで向かいました。

日程の最初の方では、ナイアガラの滝をカナダ側から見ました。
DSCF0010

DSCF0022



曇っていましたが、遊覧船で滝の近くをめぐって面白かったです。
DSCF0021


プリンスエドワード島へ

ハリファックス空港からプリンスエドワード島へ向かいました。

ケンジントン駅。
DSCF0033



レンタカーも借りたのですが、観光地はほぼパッケージツアーで周りました。
目的はもちろん、グリーンゲイブルスツアーでした😉
DSCF0049



グリーンゲイブルス(『赤毛のアン』主人公のアンの家、観光用に小説の登場人物の部屋を再現してあります)に行く前に、輝く湖水(アンが中二病的に名付けた湖(笑))に立ち寄りました。
晴れて、とても美しかったです。
DSCF0051

DSCF0054

DSCF0058



後年アイスランドに行った時、ちょっと似た景色に出会いました😊




昼食はロブスター😋
びっくりするぐらい美味しかったです。
半身に割ってあって食べやすい!
殻に苦労しないカニという感じでした。
海外で食べたものの中で、歴代ナンバーワンの美味しさでした。DSCF0059



この後は憧れのグリーンゲイブルスに向かいました😊

私と母はかつて『赤毛のアン』に憧れた少女だったので、とても楽しめました。
(父は微妙だったかもしれません(笑))


ここまで読んでいただきありがとうございました😊
次回はグリーンゲイブルズの記事です。
どうぞよろしくお願いします😊

👇次の記事





↓ランキングに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします~




↓更新通知がLINEに届きます。私個人にLINEアカウントがわかることはありません&解除も自由にできますのでお気軽に登録してみてください~


↑このページのトップヘ